Words

2023.02.04

2023.02.04

ひどくいい天気。 週の後半にかけて苛立ちがどんどん募っていく出来事があり、きのうおとといとどかどかと食べ、きのうの夜も気の済むまで食べて久しぶりにNetflixでも観ようと思えば知らない間に好きなドラマの新しいシーズンが […]

2023.01.31

2022.01.31 出来事たちを羅列する試み

家からほとんど出ず、誰とも合わない日がすっかり多くなったわたしにとって、おおよそ一ヶ月分といっていいくらいのコミュニケーションと情報量のあった二日間であった。 いつもそうなのだけれど、たくさんの出来事がわーっとあると、そ […]

2023.01.28

2022.01.28

おはよう。今日は土曜日。いまは12時半。年が明けてから割と朝きちんと起きられているのだけど、今日は少しベッドの中でぐずぐずぬくぬくとし、9時ごろになってえいっと起き上がってカーテンを開けてみれば雲ひとつない美しい冬晴れで […]

2023.01.18

2023.01.18 いまはいまとして

引き続き引きこもり。今日は断食の予定だったけれど失敗した。夕方まで順調だったのだけれど仕事をしていてぐぅ、となると口になにかを入れることで誤魔化すいつもの癖にあえなく負けた。いまは近所の韓国料理&食材のお店で買っ […]

2023.01.12

2023.01.12 石ころと切り株

なんとなーくあんまり元気が出ないままずるずるともうすぐ一週間。この感じはなんだろう。週末に思い立ってとても久しぶりに断食をした。去年もおととしも何度もやろうとしてでもできなかったことが、年を跨いだというだけでこんなにもあ […]

2023.01.06

2023.01.06

新年早々大きな失敗をしてしまい、ずるずると重たい気持ちに引っ張られている。ひとと関わる限りつまり生きている限り誰かを傷つけることを避ける術はない。減らすことはできても、ゼロにすることはできない。去年も似たようなことをよく […]

2022.12.31

2022.12.31 つごもり

12月31日。大晦日、という字をさっきノートに書いてふと晦という漢字が気になったので調べてみれば、月が出ないこと、暗い、はっきりしないなどの意味があるらしく、音読みはカイ、訓読みはみそか、つごもり、くら(い)などがあるの […]

2022.12.30

2022.12.30

年末。思いの外真面目に大掃除をしたきのう。ちょっとした荷物を届けに父が朝から車で来てくれ、わたしはほとんど寝起きでぼーっとした気持ちのまま小さなテーブルに向かい合わせてふたりでコーヒーを飲んだ。最近の父はとてもよく喋るの […]

2022.12.28

2022.12.28

薄ぼんやりと過ぎて行く年末。例えるなら、自分の入り口の辺りにいろんなものが降り積もってしまっているために、中身にアクセスできなくなっている、上澄みだけでやり過ごしている、みたいな気持ち。いま。でもそれもお風呂に入ってすっ […]